【メルカリ】意外と売れるもの 初心者でも売れやすくするコツも紹介!

家計

今回は、メルカリを約1年やってみて分かった、意外と売れる商品について7ジャンル紹介してみます。

「こんなものも売れるのか」と参考になれば嬉しいです。

それぞれの商品について、売れやすくするコツも併せて紹介していきます。
初心者でも、需要があればアッサリ売れますよ~!

スポンサーリンク

メルカリで売れるもの①:ゲームソフト

中古でも安く遊べれば良いという人が多く、人気タイトルだと瞬殺で売れます。遊び終わったソフト・買ったけど飽きてしまったソフトがある人は、出品を検討してみてください。

発売年が古いゲームソフトの場合は、起動画面を写真に撮ってアップするor「動作確認済み」と説明文に書くと、売れやすくなります。「買ったけど遊べない」というのが一番のリスクなので、購入者を安心させてあげるのが大切です。

メルカリで売れるもの②:おまけ類(特典グッズやノベルティ等)

映画館で映画を見た時に貰う特典グッズや、お店やイベントで貰ったノベルティなど、意外と500円以上で売れる事が多いです。

非売品であることが多いので、店やイベントに行けない人や、全種類グッズを集めたいコレクターなどに需要があります。

捨てる前に一度、同じグッズが出品されているか確認してみてください。意外と良い値段で売れていることがありますよ〜。

メルカリで売れるもの③:ジャンク品

自分にとっては使えないジャンク品(画面にヒビが入っている品、電源が入らない品など)も、メカに詳しい人にとっては価値があります。安く手に入れたジャンク品を修理して、自分で利用または転売するのだと思います。

昔使っていたiPod(電源コードに繋がないと起動しない)、解約済みのポケットwifi本体は、どちらも1000円以上で売れました。自宅ではゴミだった品が売れて、誰かの手によって使える品になるならWIN-WINです。

不具合の内容については、写真や文章で説明するのが大切です。トラブル防止のため、ウソはつかず正直に記載しましょう。笑
昔のスマホ等出品する場合は、悪用防止のため、データの消去(初期化)だけお忘れなく〜!

メルカリで売れるもの④:化粧品(使いかけもOK)

使いかけの化粧品も意外と売れます。化粧品は実際に使ってみないと自分に合うかの判断が難しいので、試供品感覚で安く試したい人に需要があります

買ったけど合わなかった化粧品があれば、出品のチャンスです。また、買ってしばらくは外箱をとっておくと良いです。最近買ったことの信憑性が増すので、外箱とセットでの出品がお勧めですよ~。

購入時期、おおよその残量を記載しておくと、売れやすくなります。

メルカリで売れるもの⑤:アーティスト・アイドルグッズ

アーティスト・アイドルのグッズ・DVDなども、ファンにとっては需要があります。

DVD・ブルーレイ類は売れますが、CD(希少性の無い)は全く売れません…。時代の移り変わりを感じます。ライブグッズ等はモノによるので、一度類似商品をチェックしてみてください。

あまりに大量にある場合は「駿河屋」などの一括買い取りショップに依頼するのが簡単ですが、思い入れのある品や値が付く品は、ひと手間かけてメルカリで出品するのがお勧めです。同じファンに買ってもらえると、気持ち的にも嬉しいですよ~。

DVD・ブルーレイの場合は「作動チェック済みか」、グッズ類の場合は「どのぐらい使用したか・なぜ手放すか」を記載すると売れやすくなります。

メルカリで売れるもの⑥:本類(ビジネス書や実用書等)

ビジネス書や実用書等は1冊でも割と売れます!
勉強したい時、知識をつけたい時は紙の本の需要が高まる気がします。本の内容を理解し終えたら、手放し時です。

資格の本や参考書も、勉強を挫折した瞬間に売ると、高めに売れます。諦めが大切です。笑

漫画の場合は、ある程度巻数が揃っている方が売れる傾向にあります。最新刊を除き、1冊ずつの出品だと売れにくいです。

メルカリで売れるもの⑦:ユニクロ・GU・ 無印良品の服

意外では無いかもしれませんが、ユニクロや無印良品などの商品は定番品が多く、幅広い世代に人気があるので、需要も高いです。

定番品はもちろん、販売されてすぐの商品も需要が高いです。サイズが合わないなどで、買ってすぐ手放しを検討する場合は、一度メルカリに出品してみると良いです。

GUの場合は、生産数が一定で、売り切れ後は再販が無いので、すでに売り切れた商品の需要が高まることがあります。

当たり前ですが、衣類は季節によって売れ方が変わるので、季節の訪れる少し前のタイミングで出品すると良いです。例えば秋物の場合は、夏の終わり~初秋に売ると売れやすいです。衣替えのタイミングで、もう着ない服が見つかれば、即手放しましょう~。

終わりに

紹介した7つの商品ジャンルはどれも比較的需要があり、「出品してすぐに売れる」体験をしやすいです。

一度売れると、単純に嬉しいです。笑
売れる体験を繰り返していくと、どんな商品に需要があるか、なんとなく分かるようになります。

該当ジャンルの商品が手元にある人は、試しに一度、出品を検討してみてくださいね~

読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました