【レビュー】ポケモン ソード シールド 評価・感想 出戻りの大人も楽しめる本気設計

ゲーム

ポケットモンスター ソード シールド(ポケモン 剣盾)について、良かったところ・イマイチだったところを、久々にポケモンゲームをプレイしたアラサーの筆者がまとめてみました。

久々にポケモンゲームをプレイしてみようか悩んでいる方など、大人の皆さんの参考に少しでもなれば嬉しいです。

※私自身はポケモン初代→金銀→ルビーサファイア(途中)までプレイ後、ポケモンを離れてしまっていました。久々にポケモンをプレイして楽しめるか疑問だったのですが、個人的にはかなり楽しむことができましたよ~。

スポンサーリンク

ストーリーを本当に簡単に紹介 安心の王道ストーリー

のどかで美しい主人公の出身地 ウール―たちがあいさつしてくれます

ストーリーは本当に王道のポケモンです。

博士から最初のポケモンをもらい、レベルを上げて、各町のジムリーダーに挑戦。最終的にはリーグに出場して、優勝しチャンピオンになることが一つの目標です。

安心のストーリ―展開ですね。もちろんそれだけではなく、伝説のポケモンとの出会い、地方に伝わる伝説に関する事件、主人公たちの成長など色々ありますよ。

なじみのあるストーリー展開なので、久々のポケモンであっても、すっと理解することができます。バトル方法も、4つの技から選ぶという基本は初代から変わっていません。

逆に「安心のストーリー展開過ぎて、飽きないか?」と思う方もいると思いますが、全てのゲーム機能が格段にパワーアップしているので大丈夫です。ポケモンの世界への没入感が凄く、安心しながらも新鮮に楽しめると思います。

特にポケモンから離れていた期間が長い人ほど、時代や技術の進化を感じられるので、おすすめです。

良かったところ 過去作より格段にパワーアップ

具体的にどんな部分がパワーアップして良かったのか、まとめてみます。

ポケモン世界のグラフィック進化がすごい

どこを切り取っても絵になる町並み

とにかくグラフィックがきれいです。ゲームボーイやDS時代とは比べものになりません。

遠くまで見渡せる世界。水面が揺れたり、影が落ちたり…。

町はどこかで見た外国の町並みに寄せてあり(イギリス等)、本当に知らないどこかの世界を自分で旅している感覚、感動があると思います。没入感はなかなかです。

バトルでは、技・ポケモンごとに動きやアニメーションが違います
例えば炎の技では、ダイナミックに火が渦を巻き相手に飛んでいくなど、芸が細かいです。

完全に余談ですが、私は「しっぽをふる」という攻撃でなぜ相手の防御力が下がるのか長年疑問でした。実際にしっぽをふるポケモンの動きをアニメーションでみると本当にかわいくて、「こりゃ相手は攻撃する気もうせるな…」と深く納得しました。

野生ポケモンと本当に遭遇できる ワイルドエリアが楽しい

イワーク発見!!!

以前のポケモンの世界では、草むらからポケモンが飛び出してくるスタイルが基本でしたが、今回は一味違います。

草むらに加え、ワイルドエリアと呼ばれる自然地区があり、エリア内では場所を問わず野生ポケモンが生息しています

ポケモンごとに大きさが違い、「野生のポケモンが突如目の前に現れる恐ろしさ」や「この場所にこんなポケモンが!という驚き」を実感できるエリアになっています。

ソードシールドの世界にはなんと400種類ものポケモンが生息しているようです。
なので、ポケモンをプレイするのが久々であればあるほど(初プレイなら尚更)、たくさんの新しいポケモンに出会える楽しさと喜びが大きいと思います。

私はサファイア以降未プレイだったので、初めてのポケモンに遭遇する喜びの連続でした。まさに未知の世界を冒険をしている気持ちです。

反対に、知っているポケモンに遭遇する喜びも時々味わうことができ、どちらに転んでも楽しかったです。

好きなポケモンとのふれあいを楽しめる キャンプシステム

カレーを食べて喜ぶかわいいペロッパフ

お気に入りの自分の手持ちポケモンを愛でられるシステムとして、キャンプがあります。
ボール等で遊んだり、カレーを作って食べさせたりすることができます。

走り寄り方や反応がポケモンによって違いポケモンへの愛着が何倍にもなるはずです
歩みの遅いポケモンや、他人のボールまで喜んで奪うポケモン等、愛おしいです。

キャンプでのふれあいを重ねポケモンが懐いてくると、バトル時や思い出を訪ねた時に、ポケモンからのコメントが変化します。

今までの思い出を振り返るようなコメントをもらえる事があり、不意にポケモンに泣かされたりします…!涙腺が緩くなってきた大人は要注意です。

レベル上げが楽

レベル上げの楽さって、けっこう重要じゃありませんか?

1匹のポケモンだけでバトルしても、手持ちポケモン全員に自動で経験値が入ります。また、ポケモンを倒さず捕まえるだけでも全員に経験値が入ります。

このシステムのおかげで、レベル上げの作業感がなくなりました

飽きずに続けられた理由の大きな一つだと思います。通常のストーリーを進めて冒険をしていく中で、自然と強くなっていくという感覚でした。

大画面でのポケモンバトルが熱い

スイッチ本体でのプレイはもちろん楽しいですが、スイッチをテレビにつなげて大画面でプレイするとさらに迫力が出て楽しめます

ジムリーダーやチャンピオンとのバトルは、スタジアムのような場所で歓声に包まれながら行われるため、もれなく気持ちが盛り上がります。

また、ポケモンバトル中にポケモンを1度だけ巨大化できるシステム「ダイマックス」があります。巨大化している間は強くなるという、とてもわかりやすいシステムです。大きくなったポケモンの戦いはより迫力があり、視覚的にも楽しめます。

同世代(?)の方はわかっていただけると思いますが、子供時代に友人宅でプレイしたポケモンスタジアムを思い出しました。携帯ゲーム機の性能の変化に感動…。大画面でのプレイ、単純に楽しいです。

イマイチだったところ

ここまで褒めちぎってきましたが、反対にイマイチだった部分もありました。少ないですが、紹介します。

ストーリーが若干単調

ストーリーは王道です。その王道さが良い部分である反面、少し単調で先が読めてしまうという悪い部分もあります。

何となく怪しいと思っていたキャラクターが本当に怪しい奴だったり、きっとこう成長するという予想がそのまま的中してしまったり…。

ストーリー自体は良いのですが、個人的にはもう少しキャラクターの掘り下げなどあるとより楽しめた気がします。

課金要素がある

厳密には別に悪い部分では無いのですが、一応書いておきます。

通常のストーリーを楽しむ分には全く課金は必要ありません。ですが、追加で楽しめる仕組みが色々と用意されており、ハマると財布のヒモが緩み、課金してしまうと思います。

例えば、世界中のプレイヤーとオンライン対戦をする場合は、「ニンテンドーオンライン」という月額制課金サービスへの加入が必要です。月額数百円なので、ぼったくりではありませんが、時代の流れを感じました
また、続編としてポケモンの世界を追加拡張するためには、「エキスパンジョンパス」の購入が必要だったりします。

私はまんまとハマり課金してしまったので、任天堂さんは商売上手だな~と感じました。

おわりに…

色々紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

プレイ後の全体的な感想としては、ポケモンゲームの圧倒的なパワーアップ大人(製作者)の本気を感じる作品でした。

繰り返しになりますが、少しポケモンから離れていた期間があっても安心して楽しめるゲームだと思いました。迷っている方は、「今更な~」なんていわず、ぜひプレイしてみてほしいです。

私も久しぶりのポケモンを楽しめるか不安だったのですが、始めてみるとすぐ不安は吹き飛び、夢中で毎日ゲームをしました。「帰ったらポケモンができる!」という幸せな喜びでプレイ中の毎日が嬉しく、日常にハリがでましたよ~。


少しでも何かの参考になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。

※エキスパンジョンパスで遊べるダウンロードコンテンツ2種類をプレイし終えたら、またレビュー書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました