職場の人間関係に疲れた時に効くおすすめ本3選【即効性あり】

雑記

職場での悩みのうち、人間関係の悩みは根深いです…。

たとえ仕事そのものに問題がない時も、人間関係にストレスを感じて、職場に行くことがしんどくなることってありますよね。

私自身が、以前の職場で人間関係に疲れ、しんどくなっていました。
当時救いを求め、人間関係の改善本・心を軽くする本をたくさん(20冊以上?)読み漁りました。

その中から、職場の人間関係に疲れた時に、実際にとても救われた本を3冊紹介したいと思います。

即効性の高い順に紹介していくので、今辛いどなたかに届くと良いなと思います。

スポンサーリンク

1.女社会で消耗している人へおすすめの本「女子の人間関係」

まずは、女社会で消耗してしまっている方におすすめの本です。

職場限定の本ではなく、女性の人間関係全般に関する本ですが、即効性があります

女性特有の面倒特徴」に対して、具体的にどう向き合って対処していけば良いのか、よく分かる良書です。

この本を紹介したくて記事を書いたと言っていいほど、私は救われました。

職場でも根本は一緒で、女性社会特有のお局(つぼね)さん問題や、陰口いじめ等、色々な問題に対処できるようになると思います。

いろいろなケースごとに、

①巻き込まれないための、とりあえずの対処方法

②攻撃を受けない方法

③本当の意味で相手と良い関係を築く方法

3ステップで提示してくれています。どれも簡潔で、実践しやすいです。

職場という閉鎖空間で生きていくためには、まず巻き込まれないで、自分を守ることが本当に大切だと思います。

なので、理想論を説く前に具体的なとりあえずの対処法を提示してくれるのがとてもありがたかったです。

余裕があれば、ステップ③の相手と良い関係を築く方法も、共感でき参考になります。

私自身、女性の多い職場での陰口等で消耗していた時、実際にこの本の方法を実践することで、上手く立ち回れるようになりました。また、以前は相手の顔色を伺い疲れていましたが、「『どうすれば嫌われないか』ではなくて、『自分がどうしたいか』で考えた方が健康的でいいな」と深く納得できたので、消耗しないですむ行動を自然と選べるようになりました。

困った時に何度も辞書的に読み直せる、心のお守りになる一冊だと思います。

2.上司や同僚との関係に悩み、疲れた人におすすめの本「職場の『しんどい』がスーッと消え去る大全」

2冊目は、上司や同僚との人間関係に悩んでいて、且つちょっと心が弱っている人におすすめの本です。

メンタル産業医さんが、職場での悩み全般への優しい対処法を教えてくれています。

職場の悩みに特化しているので、パワハラ上司や苦手な同僚との付き合い方はもちろん、

職場のことを考えると何となく辛い」というモヤモヤした気持ちへの対処法まで書かれています。

自分を大切にするための具体的な行動もたくさん書いてあり、即効性ありです。

優しい言葉で、「人生60点で合格」というゆるいスタンスで書かれているので、読んでいて元気になりました。辞書的に自分の好きな部分だけ読むのもOKなので、疲れた時も気軽に読むことができました。

「もう疲れた」という気分の人は、まずこの本が手に取りやすく、癒しになると思います。

3.ある程度心に余裕がある人におすすめの本「嫌われる勇気」

3冊目は、心にある程度余裕があり、人間関係について、新しい気付きを得たい人におすすめの本です。

アドラーの心理学の観点から、いろいろな悩みに向き合うロングセラー本です。

直接的な職場の人間関係の話ではありませんが、「すべての悩みは『対人関係の悩み』である」と文中でズバッと述べられており、ぐいぐい引き込まれます。

お堅い内容かと思いましたが、対話形式(話し言葉)で書かれていて、意外と読みやすいです。

「嫌われる勇気」という言葉は少し強いですが、「(他者の人生ではなく)自分の人生を生きる勇気」といった言葉に置き換えると、よりニュアンスが伝わるような気がしました。

参考になる言葉ばかり出てきますが、個人的には「課題の分離」という考え方が参考になりました。「自分の課題と、他者が解決すべき課題を分けて考え、他者の領域に踏み込まない」という考え方です。例えば、職場でイライラしている人がいた時に、「イライラの解消はその人の解決すべき課題であって、自分が干渉して解決する課題ではない」、と分けて考える方法です。本を読んで、「無意識に他者のイライラまで解決しようとして、疲れていたのだな…」と気が付きました。

本で書かれている考え方の習得や実践には時間がかかり、即効性は低いと思います。

ですが、その分いろいろな場面に応用がきき、何度読み返しても発見があると思います。

今までの考え方を少し変えて、俯瞰(違う視点)で物事を見るヒントがつまった本です。

おわりに…

いろいろと紹介してみましたが、

どの本も職場の人間関係に悩んだ時の対処法を教えてくれる本だと思うので、

余力があれば手に取ってみてください。

少しでも参考になれば幸いです。

読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました